THE HERO JET LI CONVENTIONS

李連杰ファン集会 in 香港12月18日 12:00~13:00

香港コンベンションセンター「シアター2」

12月4日、一通のメールがジェット・リーオフィシャルのマークさんからたいやん宛に届いた「ビーバーと相談して、たいやんスタッフは香港ファン集会に出席できます」という連絡でした。そして、私が出席する事になりました。

今回の香港ファン集会というのは、ジェット・リーオフィシャルがネット上で企画したもので、連杰に関連するクイズに答え、高得点者の中から抽選で中国圏(北京 香港その他)で行われる「英雄」プレミアに出席する連杰が催すファン集会に出席できるというものでした。

日本人は香港のファン集会のみ参加が出来ると言うことでその招待が、たいやんの方にメールで届いたのです。日本からの参加者はクイズで高得点をあげ、抽選で当選した8名と私の計9名ジェット・リーオフィシャル香港ウェブマスターのユーナスさんが運営をし、参加者に詳細などを連絡くださっていました。

今回の香港ファン集会は会場、時間共に極秘扱いで「12月18日に開催します」と連絡がきたのが出発の9日前。開催会場と開催時間は2日前にようやく知らされるというものでした。招待は来たが開催される日にち、会場、時間も分からないまま準備を始めました。

全ての連絡が英語の為、日本からの参加者とユーナスさんとのやり取りを翻訳してくださる役を、出席なさる一人の方がしてくださいました。

たいやんは、翻訳担当のKさんが香港のユーナスさんとの出発までの間、連絡を取り合い、たいやんから持参するもの、使用できる機材等を相談しながら話を詰めていきました。出発日が近づくにつれ、すべてを自分一人で出来るのだろうかと不安が増していく中ユーナスさんとお互いの写真を交換し、開催日の前日に香港で事前の打ち合わせが出来るということになり、不安も少し減り出発しました。

香港到着当日、約束の時間に連絡を取った所、わざわざホテルの部屋まで来てくださりユーナスさんが拝見したいと言っていた、たいやん会報のバックナンバーを差し上げ、会員さんへのプレゼント用のサインの件、機材の設置場所、当日の状況、たいやんから持参したカレンダーや、日本で公開された作品のチラシなど他の国から参加しているファンの方にプレゼントしたい件などを相談しました。

参加予定人数:日本9名 香港8名 アメリカ1名 オーストラリア1名 計19名。参加人数は、15名と付き添いのお母様1名でした。

連杰一人対ファン15人のファン集会が始まろうとしていた場所は香港コンベンションセンターの中にある「シアター2」客席が200ぐらいの試写会場のような場所でした。

ユーナスさんと一緒に、連杰のアシスタントのビーバーさんにサインの件を相談「ジェットはサインをしている時間が取れないので 質問に答えている間に書きます」とのお返事をもらえたので、ホッとしました。会場の設定はステージ場にテーブルを置き、連杰が着席しファンは客席から質問をする形式が取られました。

私は道に迷ったりして最後に会場入りをした為、急がなければと気が焦りビデオをセッティングしようと思ったら何も映らない……。

「あれ?どうなってる どうしよう」っと もう頭が真っ白状態!飛行機の中で壊してしまった……?撮れないの?っと不安が広がりましたが実はレンズのキャップを外していなかったりと 最初からあたふたしていました。

テーブルもセッティングされ、ファンの方たちも思い思いの場所でカメラ等の準備をし私もビデオを無事にセッティングし、レコーダーをテーブルに置き準備を終え、ステージの下に降りて、出入り口側に座っていた香港、アメリカオーストラリアのファンの方たちに、カレンダーやチラシを差し上げていました。

そんなリラックスした雰囲気の中。(私は入り口付近に居たので)突然、連杰が目の前にいましたえっ!っと思い、状況が把握できないまま、慌てて手を出し握手をしてもらいました。

連杰はすぐにはステージに上がらず、客席にいるファンの所まで歩いていって一人一人と握手!握手!すごくフレンドリーで、笑顔がキレイで私が連杰の人柄に触れた最初の瞬間でした(感動していました)服装は黒のチャック付きポロシャツ(?)と茶のコーディロイのズボンでした。

ファンの方たちとの握手も終わり、いよいよステージに上がって席に着いたので私は緊張しながら、テーブルに置いたレコーダーのスイッチを入れに行き「これで良し!」と思ったら……連杰から「ペンがないよ」と……。

サインをお願いしておきながら、ペンをテーブルに出すのを忘れていたのであります。持参していったペンを2本、慌てて持って行って連杰に渡しましたがもう焦ってしまっていて、緊張するより頭がふたたび真っ白状態でした。

連杰と日本のファンとの通訳は、日本でユーナスさんとのやり取りを翻訳してくださっていた参加者の方がしてくださいました。

質問が始まり、人数が少ないので質問の順番とかもなく、手を上げて質問する形が取られファンたちには、特に着席しなくてはいけないという規制もなかったので座ったり、立ったり 移動したり、ステージ下の好きな場所で写真を撮ったりしていました。テーブルとステージ下との距離が3メートルぐらいなので、本当に連杰が近くにいました。

今回、マイクを使うという形式を取らなかったので、連杰はファンが質問している声を時たま身を乗りだしたりして、ちゃんと聞き取ろうとしてくれていました。ファン達の質問に「アハっ」「ンンっ」と相槌を打って、質問に対して答える時には、身振り手振りも入り丁寧に答えてくれ笑った顔は可愛いというよりは、カッコイイという感じでスターとしての輝きがあり、やっぱりすごいオーラを持った人だと思いました。

質問の途中でちょっとした中断がありました。メーキングDVDにサインをしてくれようとしていたのですがパッケージ箱、中身のDVDケース、ブックレットのどれにサインをするのかわからなかったようです。「??」という感じで私を見たので「あっ!」と思いふたたび緊張しながらテーブルへ行き、箱にサインする事をお願いし、金のペンで書いていただけるように頼んだら「ソーリー」と言われてしまいました・・金のペンは太いので金のペンで書くと箱に描かれている人物に(英雄の出演者)にサインが重なってしまうからダメということらしい、細い黒のペンの方で書くということでした。サインをする場所とか、そういう所にも連杰は気遣いをしてくれるのですね。

レポートの途中ですが、ここでちょっと私が垣間見た、連杰の余談を書いてみたいと思います。

メーキングDVDにサインをしてくれているとき、連杰はサインをしたDVDを目の前に一つ一つ並べていた。色紙にサインをするのと違ってDVDのパッケージだとサインがすぐに乾かないので、サインが乾くまでDVDを重ねないように配慮してくれていたのです。

質問に答えながらサインをしているのでたぶん本人は、無意識のうちにやっているのだろうと思いますがそんな気遣いを垣間見て、連杰の人柄にまたまた感動していました。

質問コーナーも終わり連杰は「英雄」の立て看板の前に立ち、ビーバーさんもステージへ……。

一人ずつステージに上がり連杰の待つ場所へ・・・プレゼントを渡しサインをもらい、握手した手を握ったまま正面を向いて、2ショット写真撮影写真を撮るとき、ファンから注文も出たりして気軽に応じてくれていました。

全員が終わったところで、連杰がみんなを手招き集合写真を撮りますよっと言う事らしい。

全員がステージに上がり集合写真の撮影が始るが、ここからが大変でした。

何が大変かと言うと、15人全員のカメラに集合写真を収めなければならない。そこで、ビーバーさんが登場、しかし一人では15人分のカメラを扱えないので連杰のスタッフの人たちも加わり、とっかえひっかえカメラを手に持ちパチリパチリ!その間、ステージにいる連杰とファンたちも何回もカメラに向かって笑ったのでした。

集合写真も無事終わり、とうとう最後の時がきてしまいました。ステージの上で、それぞれが連杰と最後の握手!握手!長くもあり、短くもあった連杰との時間は連杰の優しさに触れ、連杰のスタッフのみなさんの優しさに触れ連杰を身近に感じる事ができ、連杰の素晴らしさを実感することができました。

李連杰先生、ユーナスさん、スタッフのみなさん、協力してくださったみなさん、ありがとうございました。

THE HERO PREMIRE REPORT

「英雄」香港プレミアレポート 2002年12月18日

2002年12月18日、リンチェイに会えてそして公開前の「英雄」のプレミアに参加できるという栄誉(笑)を手に入れて香港に飛び立ったものの、映画のプレミアってどんな感じなんだろう?どんな人が来るんだろう?服もこんな格好でいいのだろうか?等不安はつきませんでしたが、無事プレミアのチケットをゲットし、プレミアに参加される方含め4人でコンベンションセンターに到着したのは開場間際の七時でした。

ファン集会の時使われた劇場の向かいの劇場で行われるのは分っていたのですが、果たして到着してみると劇場までの階段から入り口まで赤い絨毯が!!そして赤い絨毯の回りにはロープが張られてそのロープの手前にカメラを持ったファンが並んでいました。

到着したものの、入り口は駐車場に直結しており車でない徒歩の私達はどこから入場していいものやら、しばしウロウロ……。

赤い絨毯は当然踏んではいけないんだろうと思っていたのに、スタッフに尋ねてみると赤い絨毯を横切って中に入れとの指示。もしかして私達も赤い絨毯を踏んで入っていくのかも!と思ったら、やはり出演者以外は横のエスカレーターで中に入るようにと指示されました。

ところで、プレミアのチケットですが、なにやら木でできた箱の中にプラスチックの金色のカードが二枚、この金色のカードが入場券となるようでカードの裏には座席番号が書かれていました。チケットをビーバーさんに渡された時に「箱ごと持っていかないとダメだよ」と言われていたので箱ごと係の人に差し出してドキドキしながら入場。

カードには上映前にカクテルレセプションがあると書かれています。カクテルレセプションは約30分。

一体何が行われるのか全然分からないまま中に入ると劇場へと続く階段の踊り場のようなところに大きな英雄の看板と結婚式の高砂のような舞台が設置されていました。

ここで記者会見が行われるのかも!たしかに記者の姿も多いし。ところが私達招待客はどんどん中へと案内されてその舞台の前は素通りする事に。入り口でデジタルの機械は持ってないかを聞かれ、(英雄は海賊版防止に努めるのでも有名だからかな、と思いました)いよいよ劇場へ!入り口には英雄の衣装が写真付きで飾られ、ところどころに映画の衣装を着た人(兵士の衣装)が立って雰囲気は抜群。

劇場内に入ると劇場入り口前のちょっとした広場のような場所がありそこで蝶ネクタイをつけたウェイターからドリンク(ちなみにノンアルコール飲料でした)を受け取りしばし歓談。私達は「これがカクテルレセプション??」とちょっと拍子抜けしたのでした。

そのうち外からドンドンという太鼓の音が聞こえてきて、慌てて入り口に戻るとさっきの踊り場で記者会見が行われています。でも、人だかりでちっとも見えない(涙)。

ちらっとリンチェイの姿やトニー、マギーの姿も。

人だかりを縫って前に進んでみたものの、もう踊り場付近におりる事はできないようになっており、あぁこれがリンチェイの姿を見るのも最後、みんなこのまま帰っていくんだろうなぁと落ち込みつつも、まぁ映画見れるしいいよ、会えたしいいよと自分を慰めつつ眺めていると、なんと記者会見を終了した出演者達が劇場内へ入ってくるではありませんか!

急いで中へ戻るとさっきのドリンクをふるまわれた場所に普通にリンチェイが立っていました!しかも、私達を見つけたビーバーさんが声をかけてくれて記念撮影までしてくれたのです。そしてリンチェイから「楽しんでね!」とのお言葉まで(涙)。ファン集会の時に握手写真を撮り忘れたので撮りたいとの希望までかなえてくれる優しいリンチェイ。

ファン集会の時とは違うジャケット姿でしたが笑顔は相変わらず素敵でした。そうこうしているうちに他のファンにも囲まれだし、私達がいそいそとその場を離れたのですが、遠めに観察は続く。(笑)わりと狭いその広場にはトニーレオンやドニーイェン、マギーチャンといったそうそうたる出演陣が普通に現れきさくにサインや写真に応じてくれます。あまりにきさく過ぎてフェイウォンに気づかないくらいでした。

同じ高さに突然現れたスター達にプレミアってすごい!とまた涙ぐんでしまいました。あれよあれよという間に30分は過ぎ、いよいよ劇場内に入って試写会が始まります。

中に入ると座席の上に紙袋がおかれていました。

中にはプレミア用の英雄グッズ(カードセットと木箱に入った無名の剣のミニチュア版)が入っていて感動。

感動さめやらぬうちに劇場内にはまたスター達が現れ席につきはじめました。まん中くらいの座席が関係者用座席だったようで出演者達は並んで映画を鑑賞したようです。まさか一緒に見るとは思っていなかったので後ろからリンチェイの伸ばしかけの髪を目でおいながら上映を待ちました。

拍手とともに場内が暗くなりいよいよ上映スタート。

もちろん上映終了後も拍手がなかなか鳴りやまず私も拍手をなかなかやめる事ができませんでした。

内容はネタバレするのでさておき、公開が待ち遠しい事は言うまでもありません。ちなみに私は映画の上映中ハンカチを譲ってもらわなければいけない程号泣し、退場する時にビーバーさんに笑われる始末でした……。

紙袋を大事に持って会場を出たのは夜10時。楽しみにしていたプレミアも終了。明日からは香港では英雄の上映が始まります。でも日本ではまだまだ先。

プレミアにくることができた喜びをまたもや噛み締めつつ会場を後にしました。

HERO JET LI INTERVIEW

2002.12.18 香港コンベンションセンター「シアター2」

◆『英雄(邦題:HERO)』に出演するにあたり、何を大切に思いましたか?

『英雄』は、僕にとっても特別な映画です。これまでにも多くの映画を作ってきましたが、父、母、先生など大切な人を奪われ、復讐を誓い、そのために マーシャル・アーツを修行するというストーリーのものが大半でした。しかし、『英雄』ではマーシャル・アーツを通して、「平和」や「愛」を説いているの で、その点では、従来の映画よりも大きな意義を持つ映画だと思っています。

◆どうして、今、髪を伸ばしているのでしょうか?

新しい映画をパリか、ロンドンで撮影するのですが、演じる役の髪型がまだ分からないので、長く伸ばしています。長く伸ばしておけば、プロデューサーやディレクターの要求に合わせて、髪を短くできますが、最初から短いと、切ることは出来ませんからね。

◆『英雄』の撮影中に心に残る面白いエピソードがあったら、教えて下さい。

そうですね、面白いエピソードですか。今回の『英雄』は、本当に楽しんで撮影することができました。立地的に撮影をするのが難しい場所もあり、車で 5~6時間ほどかけてその撮影現場に向かったこともありましたが、本当に楽しんで撮影をしていたので、苦にはなりませんでした。これはスェタン(地名)と いう湖がある場所で撮影していたときのことなのですが、監督が湖をぜひとも「鏡」のように使って効果的に撮影したいと希望したので、風が止むまで待機する こともありました。撮影では、ワイヤーを使うことが多かったので、ドニーと僕は吊り上げられたまま待機することもあって、大変でしたね。

◆以前にコン・リーが出演している『始皇帝暗殺』という映画がありましたが、『英雄』はこれをリメイクしたものですか?

いいえ。歴史的背景は似ていますが、『英雄』はリメイクではなく、まったく異なる内容の映画です。『英雄』は、チャン・イーモウ監督の初のアクション映画です。彼はこのアクション映画を通じて、彼なりの哲学、世界観、および考えなどを説いています。

◆『モンク・イン・NY』プロジェクトに何か進展はありますか?

この映画は、必ず作りたいと思っています。なぜなら、これまでにたくさんのアクション映画を作ってきたのですが、時々、道で子供たちに会うと 「ジェット、やっつけろ、やっつけろ」と言われるので、ここ数年は、胸が痛むことがあるのです。僕は、マーシャル・アーツは、映画のストーリーの「中心」 ではなく、その「一部」にすぎないと思っています。重要なのは、映画を通して、平和や愛を伝えることだと思っています。だから、「善」と「悪」の闘いを通 して、平和を共有することの大切さを伝えることができるような映画を製作できればと思っています。しかし残念なことに、この種の映画はマイナーで、映画会 社がなかなかサポートしてくれないのです。だから、映画会社が製作する映画に出演して、自分の映画のための資金を作らないとだめですね。時間ももっと必要 ですが、必ず、『モンク・イン・NY』は作ります。この映画の脚本が、完成したので、一度、映画会社に見せました。しかし「アクションがないのはなぜ?」 と聞かれたので、僕は「NYでお坊さんがどうやって誰と闘うんだい?」というやりとりがあり、折り合いがつかなかったので、脚本をもって帰りました。です が、将来、この映画は必ず制作するつもりです。

◆「THE ONE」の最後のシーンは自分と戦う場面ですがその時の技は以前の作品「精武英雄(邦題:フィスト・オブ・レジェンド)」と概念が同じですか?

これまで作ってきた映画でも、確かに「同じ動き」を繰り返し使ってきました。人間の両手と両足の動きには限りがあるので、必然的に同じ動きを繰り返 すことになります。しかし重要なのは、映画のキャラクターやストーリーに意義をもたせるために、「どのようにマーシャル・アーツを活用するか」ということ でしょう。つまり例えると、これは「音楽」と同じことだと思います。同じ音を使っても、他の音との組み合わせや構成の仕方ひとつで、美しい旋律になった り、ひどい旋律になったりします。だから、映画で同じ動きを繰り返し使うことには抵抗はありませんが、ベストを尽くして、動きを異なるアングルでとらえ て、動きに新鮮味を与えることができるようにしています。以前にも、ドニー・イェンとは闘ったことはありますが、実際には『英雄』では、2人で向かいあっ て立って、頭のなかで闘うというシーンもあります。このように、新しいアングルでとらえて、新しいものを生み出す努力をしています。

◆質問したいのは娘さんとの事で忘れられない出来事がありますか?

今回のツアーに来る前に、ワーナーブラザーズさんから「CRADLE 2 THE GRAVE(邦題:ブラックダイヤモンド)」の映画の予告編が届 いたので空港に行く前に娘と一緒に見ました。見終えた後に、娘が「パパ、いい仕事をしたね!」と言ってくれたのが、うれしかったです。

◆まず、他の国のファンも今回のファン集会に参加するようにしてくれなければ、ここに今日いることもできなかったので、まず、そのことに感謝したいです。ところで、このような会をアメリカでも開催しようとは思いませんか?開催にあたっては、いろいろと大変でしょうか。

もちろん!時間と都合がつけば、開催したいと思います。

◆新作の撮影では、どのくらい海外にいる予定ですか?

4ヶ月くらいヨーロッパに滞在する予定です。

◆GFNのウェブサイトについてどう思いますか?

香港、台湾、中国、そして日本からサポートには、本当に感謝しています。だから今日もこうして、ここに皆さんといることができるわけです。ここにい る皆さんは、単なる映画ファン、アクション映画ファンだとは思っていません。皆さんは、「JetLiのファン」だと思っています。皆さんは、僕をサポート し、そのおかげで僕は成長することができます。ですから、本当にウェブサイトを通して、僕を世界中からサポートしてくれる皆さんに感謝しています。ときど き、僕もウェブサイトを読みます。時間があるときは、かなり多くの内容を読んでいます。ウェブサイトを通して世界中に、僕をサポートしてくれる大家族がい る感じです。なぜなら、僕の誕生日、娘の誕生日、妻の誕生日、なんでも知ってますからね。僕のことも、僕の映画のことも、本当に想ってくれるので、感謝し ています。

◆来年は、日本のファンのために来日できるでしょうか?

時間があれば、行きたいですが、良く分かりません。日本でも公開時期も分かりませんし、来年の最初の4ヶ月間は、ヨーロッパで新作の撮影もありますし、おそらく『英雄』での来日は難しいかもしれませんが、次回の映画では実現できるかも知れません。

◆オーストラリアで撮影をすることを考えたことはありますか?「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ・アンド・アーストラリア」みたいなのを考えていたのですが。

多くの人からオーストラリアは、映画を撮影するには、すばらしい場所であることを聞いています。政府もサポートしているし、オーストラリアの人も映 画は好きなので。今では、メジャーな映画もかなりオーストラリアで制作されていますから。提案してくれたような映画を実現することができるかどうかは分か りませんが、オーストラリアで撮影できる機会があればと思っています。実際に『英雄』でも、特殊効果の処理などをするために、多くのオーストラリア人ス タッフが参加してくれましたから。